インターネットで車の査定をしようと業

名義人の異なる車を売るときには、手続き、必要書類はどうすればよいのでしょうか。

基本的に車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書などといった書類がいるのは間違いありません。

あとは、所有者の同意書、委任状、譲渡証明書などの書類も準備する必要が出てくるのです。実際、自分の車を売る場合と比べると、少し面倒になります。

車を下取りに出すときに必要な書類は、ずばり車検証です。

もしもこの書類がないと、下取りをすることができません。

ちなみにですが、フェリー乗船の時にも必要となってきます。車検証は、どんな場合にも大切な書類です。なので大事に保管しておく必要があります。また、整備記録といったものがあれば、下取り価格が上がったりとします。

自分の車を買い取ってもらうなら、少しでも売り手有利に取引してもらいたいものです。

お店側との駆け引きにあたり、「その時点で納車できる」ということは、売り手側の強みになるようです。

ということで、検証の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書をすぐに出せるようにしておくことを提案します。

名義人の異なる車を売るときには、手続き、必