今乗っている車にも大変愛着があるのですが、このたび家族が増えまして、

Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車は売れるのかという質問がよくあります。

実際、夫名義(妻)、親名義(子)、兄名義(弟)などは多いですからね。

名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、家族でも他人でも一定の手続きを要しますが、名義人の印鑑証明、ならびに実印を捺印した譲渡証明書と委任状(「名義人」から「あなた」へとなっているもの)を用意すれば名義人以外の方でも売却できます。

譲渡証明書や売却証明書は業者がテンプレを持っていますが、ダウンロードもできます。ときどきあることですが、名義が信販会社になっている車は勝手に売ったり、他人に譲渡することもできません。その支払いを完済し、個人の名義(所有)に戻せば売却することができます。インターネットを使うことで、車の査定の相場を調べることができるでしょう。大手の中古カーセンサー車一括査定業者のウェブサイトなどを検索することで、車買取価格の相場が分かるでしょう。

相場を知っていれば、相場より安く売ることで損をすることもなくなりますから、事前の確認を怠らないようにしましょう。ですが、車の状態次第で変わるため、絶対に相場通りに買い取ってもらえるとは限りません。車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。

ディーラーは「下取り価格は、勉強させていただきます」と言いますが、本当に1社の言い値で良いのでしょうか。ディーラーとの付き合いもあるかもしれませんが、車種、中古車としての状態などによっても買取と下取り価格には大きな開きがあると思います。

私は二度目の買い替えのときは、買取業者にも見積りをお願いしてみたのですが、買取業者のほうが高かったのです。

あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。

買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。30万円以下なら現金払いもできるそうです。ともあれそのお金でディーラーから車を購入しました。

下取りを断ったけれども悪い顔はされませんでしたよ。さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。

Q&Aサイトなどを見ると、他人名義の車